© 2023 by Odam Lviran. Proudly created with Wix.com.

2/5/2017

年末から正月と切り替わった感じのないまま

2017年もひと月過ぎてしまった。

酉年の酉は「にわとり」のこと、と年末に知って

にわとりの絵を練習しても思うように描けない。

そこで、なぜかスッと描けたひよこと

にわとりモチーフのエッグスタンドを並べて描いて

寒中見舞いを出した。

松の内に年賀状をくださった皆さんはきちんとしているなあ。

ありがとうございます。

今年最初に観た映画は「気狂いピエロ...

8/1/2015

いつか観ようと思いつつ、見逃していた映画のひとつ。

1991年、レオス・カラックス監督作。

ジュリエット・ビノシュ演じる、

訳あって工事中の橋の上で暮らすようになった女と

その女が気になり世話をやくようになる

不眠症のホームレスの男の恋愛。

橋の上で花火を見た日をきっかけにして

互いを必要とするようになっていくけれど、

「生活」が目の前に現れた途端にうまくいかなくなっていく。

ジュリエット...

7/12/2015

過去に傷を持つ男(綾野剛)が

偶然知り合った若い男(菅田将暉)の姉で、

家のためにつらい生活を送る女(池脇千鶴)と

惹かれ合う、という話。

主人公の男は女が二の腕をぶるぶるさせながら

チャーハンを作るところに惚れたんだろうなと思った。

(映像で見る限り)

重い話のなかで、菅田将暉が演じた

あまり賢くないが人懐こい男の存在が救いになっていた。

最後に一波乱あったけど…

もと男闘呼組の高橋和也も...

7/8/2015

 

エドワード・ヤン監督の1986年作、デジタルリマスター版。

この絵に描いた中性的な少女(ワン・アン)を見て、

映画「三月のライオン」の主人公を思い出した。

髪型と何を考えているか分からない雰囲気のせいか。

 

印象的なシーンが多くて、見終わった後も余韻がつづいた。

80年代後半〜90年代の映画の、現代だけどちょっと前の空気。

でも古くさくなくて洗練されていた。

 

それにしても、あの妻(...

7/6/2015

川島雄三監督特集で観た『幕末太陽伝(伝の文字が出ない)』『愛のお荷物』。

『幕末〜』のフランキー堺の八面六臂の大活躍が愉快でとても魅力的。

『愛のお荷物』では出番がちょっとで残念。

ドラムをたたきまくるというあんまり本筋と関係ないシーンは

そのぶんのサービスなのかもしれない。

どちらも人間関係が出たり引っ込んだり、面白かった。

 

 

Please reload

最新の日記

ベトナム・ホーチミン旅行(6)

September 11, 2019

1/1
Please reload

最近の投稿

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags