ポンヌフの恋人

いつか観ようと思いつつ、見逃していた映画のひとつ。

1991年、レオス・カラックス監督作。

ジュリエット・ビノシュ演じる、

訳あって工事中の橋の上で暮らすようになった女と

その女が気になり世話をやくようになる

不眠症のホームレスの男の恋愛。

橋の上で花火を見た日をきっかけにして

互いを必要とするようになっていくけれど、

「生活」が目の前に現れた途端にうまくいかなくなっていく。

ジュリエット・ビノシュも身ぎれいになった姿よりも

最初の、野良犬みたいな鋭い目つきをしていた時のほうが

魅力的に見えた。

花火のシーンが最高潮だったんだろうなと思う。

最後は結末に反して寂しさが感じられた。

タグ:

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Odam Lviran. Proudly created with Wix.com.