記憶の虫干し

これまでの仕事について思い出すことが多くなった。

記憶があるうちにどこかに残しておこうと

何となく思ったので、書いておく。

通っていた短大の専攻課はのんびりした雰囲気で、

当時は就職氷河期だったにも関わらず

クラスでも就職活動をしている人は少なかった。

(みんなどうしていたんだろう?)

そんななか助手の先生の紹介で、

ある衣装デザイナーのところで

アルバイトをすることになったのだった。

ある男性歌手のコンサートや舞台、

雑誌掲載時の衣装をメインで作っているところ。

実家から通える距離に倉庫のようなアトリエがあって(当時)

そこでは大きいオブジェの制作や衣装の保管。

デザイナーは個展用の大きい絵もそこで描いていた。

私は、主に布などの買い出しをして

縫製担当さんの家に持って行ったり

縫製さんのところで染色したり簡単な縫製をしていた。

少人数でデザイナーのアイデアを形にするべく奮闘していた。

先鋭的でかなり特殊な、凝った衣装。

代表作は今見てもかっこいいなーと思う。

舞台で革ジャンが必要になったときは牛革を問屋で買って

イチから作っていた!(1つめの絵)

すごくきつかったけど貴重な経験をしたと思う。

そこにいたのは1年ほどだったけど、

あまりにも強烈だったから今も時折思い出す。

タグ:

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Odam Lviran. Proudly created with Wix.com.